HOME > JAにしみのとは? > 地域貢献活動

JAにしみのとは?

地域貢献活動

JAは、組合員とともに相互扶助(お互いに助け合い、お互いに発展していくこと)を共通の理念として運営される協同組織です。地域の一員として、農業の発展と安心して暮らせる豊かな地域社会の実現にむけて、各種の事業活動を展開しながら社会貢献にも努めています。
ここでは、地域に根ざし地域とともに歩むにしみのの活動をご紹介します。


献血への協力

当JAは、ぎふ献血サポーターズクラブに所属し、献血を支援しています。平成20年度は、本店駐車場や農業祭などで7回実施し、職員をはじめ地域住民266名の方にご協力いただきました。

環境美化活動

地域のため何か役に立ちたいと、JAにしみの女性部「にしみのレディース」が環境美化活動を行っています。平成20年度は区域ごとに6ヶ所で清掃活動を実施しました。管内の女性部会員数は総数5,317名(H21.3.31現在)です。料理、手芸、園芸その他パソコン教室や英会話教室に加え、親睦旅行や福祉ボランティア活動と幅広く活動し、地域ネットワークを構築しています。

ふれあいフリーマーケットの開催

家庭内の不用品の再利用と資源の有効活用、また地域住民との相互交流を図る目的で企画し、平成20年度は2回開催しました。11月の開催では、にしみのレディース44ブース、一般参加者63ブースが出店し、たいへん多くのご来場者とともに賑やかに行われました。

各種無料相談会の開催

社会保険労務士による年金相談、税理士による税務相談を毎月開催しています。開催日会場については、広報誌に掲載しお知らせしています。また、洲本支店内の「住宅ローンセンター」では、ローンアドバイザーによる住宅ローン相談を年中無休(年末年始除く)で行っています。