HOME > にしみのブランド > 穀類 > 小麦

にしみのブランド

小麦

岐阜県の7割を生産

 管内は、県の小麦生産の7割を占め、収穫は6月上旬から下旬まで行われます。「にしみのブランド」の小麦の品種は「農林61号」と「イワイノダイチ」で、毎年1等・Aランクを維持するなど高品質の小麦が生産されています。
 平成21年産の岐阜県の小麦作付面積は2,728ヘクタール。そのうち管内の作付面積は1,763ヘクタールです。営農集団等が転作作物として栽培し、収穫した小麦は、主に製粉会社に運ばれて、うどん等の原料となります。

小麦 ぎふクリーン農業認証

県内シェア

岐阜県8,245トン、にしみの5,987トン(72.61%)

資料:「平成21年度 JA全農岐阜 調べ」

生産が拡大する「イワイノダイチ」

 岐阜県では平成15年産までは小麦といえば、「農林61号」が、ほぼ全域で作付けされていましたが、平成16年に「イワイノダイチ」が岐阜県の奨励品種に採用され、にしみの管内でも生産が増えています。
 「イワイノダイチ」は「農林61号」と比べると、倒伏に強くて多収で、2〜3日程度早く収穫が可能です。めんにした時のつるつるとした食感が特長です。小麦は収穫時期が梅雨の時期と重なるため、雨害が回避でき、収穫作業の労力が分散できることから、早生小麦の「イワイノダイチ」の作付けが増えつつあります。

ページトップへ

レビュー〈お客様の声〉

レビューを書く

一覧を見る

ページトップへ

小麦の豆知識

小麦粉の主な種類と用途

 小麦粉の種類はタンパク質の量によって薄力粉、中力粉、強力粉、デュラム・セモリナに分類されます。にしみの管内で作られている「農林61号」「イワイノダイチ」は中力粉となります。

名称 薄力粉 中力粉 強力粉 デュラム・
セモリナ
主な用途 カステラ
ケーキ
和菓子
天ぷら
ビスケット
即席めん
うどん
中華めん
ビスケット
和菓子
食パン
菓子パン
フランスパン
中華めん
ギョウザの皮
スパゲティ
マカロニ
タンパク質の
含有量
6〜9% 9〜11% 11〜13% 11〜14%

資料:科学技術庁資源調査会編「五訂食品成分表2005」