HOME > にしみのブランド > 野菜 > ダイコン

にしみのブランド

ダイコン

真っ白な重量級の野菜

 「にしみのブランド」のダイコンは、3月から6月に出荷を迎える春ダイコンと、10月から翌年2月の秋冬ダイコンがあります。
 産地は安八町で、春ダイコンはハウスやトンネルを利用し、秋冬ダイコンは露地で栽培されています。

ダイコン ぎふクリーン農業認証

 栽培面積は約5.2ヘクタールで、出荷量は28,000ケース(1ケース10kg ※一部15kg)です。岐阜県に占める割合は4%ほどですが、「ぎふクリーン農業」の認証も取得し、安心・安全で健康なダイコン栽培に取り組んでいます。
 青首ダイコンを中心に、食味を意識した品種を選びながら栽培し、中京、京阪神市場を中心に出荷しています。

ダイコン

ダイコン畑

期間限定で「祝ダイコン」も出荷

祝ダイコン

 安八町では、期間限定で関西向け雑煮用の「祝ダイコン」が栽培されています。「祝ダイコン」とは、長さ約20cm、直径約3cmの小ぶりなダイコン。関西地域のお正月は、白味噌仕立てのお雑煮が食べられ、「角が立たないように」と丸餅、サトイモ、輪切りにした祝ダイコンや金時人参が入れられます。
 正月向けのダイコンなので、12月24日から28日までの5日間だけ出荷されています。管内では、平成16年から栽培が始まりました。葉付き3本結束の荷姿で出荷されています。

ページトップへ

レビュー〈お客様の声〉

レビューを書く

一覧を見る

ページトップへ