HOME > にしみのブランド > 野菜 > ナバナ

にしみのブランド

ナバナ

春を告げる野菜

 春の訪れを告げてくれるナバナ。今では通年で回っているものの、旬は早春の野菜です。花、蕾、花茎を食用にします。管内では昭和49年から海津市で栽培が始まり、10月下旬から4月中旬まで中京、北陸市場へ出荷されています。
 近年では、その栽培のしやすさから、安八町、輪之内町にも栽培が広がり、「にしみのブランド」のナバナは、生産量が増えつつあります。
 独特のほろ苦さと香りは、春の到来を感じさせます。季節の香りをいただくものなので、素朴なおひたしや辛子和えなどにして、旬の味を味わってみてはいかがでしょうか。

ナバナ

県内シェア

岐阜県192トン、にしみの167トン(86.98%)

資料:「平成21年度 JA全農岐阜 調べ」

ページトップへ

レビュー〈お客様の声〉

レビューを書く

一覧を見る