HOME > にしみのブランド > 野菜 > ナス

にしみのブランド

ナス

周年出荷が特徴の西美濃産のナス

 淡泊でどんな料理にも合うナスは、岐阜県で広く栽培されています。管内では安八町、海津市、垂井町、関ケ原町と広く栽培されています。特に露地栽培が盛んで、7月から11月に収穫される夏秋ナスが大半を占めます。

 栽培品種は、ほとんどが長卵形品種の「千両2号」で、味・品質の評価が高く、漬物としても需要があります。海津市では、焼きナスなど一般料理にも最適な長ナス「筑陽」が導入されています。冬期温暖な海津市では、ビニールハウスを利用した冬春ナス(10月から6月に収穫)の栽培が行われ、夏秋ナスと合わせて周年でナスが出荷されているのが「にしみのブランド」のナスの特徴です。

 安八町と海津市の産地では、「ぎふクリーン農業」の認証を取得するなど、安全・安心なナスの栽培に取り組んでいます。

ナス ぎふクリーン農業認証

県内シェア

岐阜県812トン、にしみの118トン(14.53%)

資料:「平成21年度 JA全農岐阜 調べ」

ページトップへ

レビュー〈お客様の声〉

レビューを書く

一覧を見る

ページトップへ