HOME > 営農情報 > 農産物残留農薬自主検査

営農情報

農産物残留農薬自主検査

検査の概要

 食の安全・安心への関心が高まる中、JAにしみのでは、安全・安心な農産物を消費者の皆さまにお届けするために、肥料・農薬の使用について記録する『生産履歴記帳運動』に取り組んでいます。
 平成16年8月には、JAにしみのを含む県下JAグループ・岐阜県・岐阜大学が共同で、県産農畜産物の安全性の確保、安心感の向上などを目的に、「ぎふクリーン農業研究センター」を設立しました。当JAでは販売する農産物のうち、毎年160検体ほどを同センターへ検査依頼し、収穫・出荷前残留農薬自主検査を実施しています。
 今後とも、検査体制を強化しながら、安全・安心でおいしい西美濃産農産物をお届けし、皆さまの健康と食生活に貢献していきます。


検査の流れ

検査の流れ図(生産者が検体を採取し、JAを経由してぎふクリーン農業研究センターへ送ります。検査結果はJAへ報告され、JAから生産者へ報告と指導が行われます。)


検査結果

 JAにしみのを通じて販売される農産物のうち、平成26年度には159検体(野菜・果樹など)について、収穫・出荷前残留農薬自主検査を実施しました。結果は下表のとおりで、食品衛生法に定める残留農薬基準値を超過するものはありませんでした。

平成26年度実績
部会名(品名) 検査成分数 検体数 基準値を超過した農薬
甘長ピーマン 284 4 なし
いちご 276 19 なし
いちじく 273 1 なし
いんげん 277 2 なし
枝豆 279 3 なし
265 3 なし
トマト 278 19 なし
なす 277 5 なし
きゃべつ 274 1 なし
胡瓜 283 14 なし
小松菜 282 12 なし
里芋 275 2 なし
春菊 269 6 なし
大根 272 2 なし
玉葱 267 2 なし
254 1 なし
276 2 なし
ナバナ 279 2 なし
グリーンねぎ 275 9 なし
ブロッコリー 278 3 なし
ふき 274 1 なし
ほうれんそう 275 3 なし
みかん 282 3 なし
メロン 279 1 なし
モロヘイヤ 268 3 なし
水菜 278 4 なし
カボチャ 278 2 なし
ミニトマト 278 1 なし
直売所生産者友の会 22 なし
朝市 1 なし
その他野菜 4 なし
渋柿 268 1 なし
業務用加工野菜 1 なし
合計   159  

※作物毎で異なるため記載していません。


直売所で検査結果を掲示しています

 大垣市のファーマーズマーケットでは、平成20年8月から、店内東側入り口付近に、残留農薬検査の結果を報告するパネルを設置しました。市場出荷する農産物だけでなく、直売所へ出荷される農産物についても、生産者から栽培管理記録を提出いただきチェックを行い、残留農薬検査を行うなど安全・安心の確保に努めています。